いよいよ秋も深まり冬が訪れますね。この時期、アトピーや乾燥肌の方にはつらいですよね(T_T)
なかなか肌に合う保湿ジェルなどが見つからなかった方にも、
アクアゲルマジェルというジェルがかなりおすすめできると思うので、口コミ的なレビューをしていきたいと思います!
『とことんお肌の健康にこだわった保湿ジェル』
『傷んだお肌をやさしくいたわりながら、健康な肌に育てていくジェル』というコンセプトのもと作られたということで、
開発担当者のお話も聞いて、実際に使った結果、私個人はとても気に入っているんです。
全成分も調べました!

乾燥肌,美白ケア

アクアゲルマジェルの特徴

アクアゲルマジェル 最大の特徴は、

 

「油分を一切使わない保湿ジェル」

 

ということです。
通常、保湿ジェルには様々な油分が含まれていることが多いのですが、
アクアゲルマジェルは一切油分を使っていないんです。

 

油分は何がいけないの?

乳液やクリームといった化粧品は水と油を混ぜ合わせて作られています。
でも、水と油って混ざらないことで有名ですよね?
そこで、合成界面活性剤(乳化剤)を使って混ぜているんです。

 

しかし、そうして創られた乳化剤入りの保湿クリームを塗ると、
その合成界面活性剤が天然保湿成分の皮膚膜を溶かして、
皮膚のバリアゾーンを破壊してしまうんです。
すると…

 

保湿しているつもりが、さらに乾燥肌がひどくなる

 

ということになってしまうんですね。
アトピーなどのダメージ肌には、界面活性剤は大敵なんです。
私の実体験でも、子供の頃からひどかった乾燥肌対策に、
保湿クリームを塗っても肌に合わず、さらにひどくなるということが多々ありました(泣)

 

さらに、塗った後に毛穴に溜まった油分は、酸化して過酸化脂質に変化して、
ニキビなどの肌トラブルにも繋がりやすくなるんです。

 

このように、合成界面活性剤が含まれている保湿剤は、
逆に肌を痛めつける可能性があり、特にアトピー肌や乾燥肌の方には、
使用することのデメリットの方が大きいことが多いんですね。

 

アクアゲルマジェルはオイルを使わずに保湿!

油分を使った保湿クリームの危険性はお伝えしましたが、
では、アクアゲルマジェルが何故オイルを使わずに保湿できるのか?というお話をしたいと思います。
それは、”ナノ還元水”というものが関係しています。

 

通常、化粧品の成分の80%以上は水で出来ていますが、
アクアゲルマジェルでは、通常の10億分の1にまでナノ化されたナノ還元水をベースとして作られてるのです。
そのナノ還元水が、肌に潤いとハリを与えてくれる様々な有効成分の導入水として、
角質の奥にまで有効成分を浸透させてくれるのです。

 

加えて、保水性分として有名なヒアルロン酸の約2倍の保水力を持つといわれる、
”リピジュア”という成分が水分を潤いベールでしっかり包み込む事により、油分を使わずに高保湿を可能にしているのです。

 

カンタンにいうと、通常の保湿クリームは、オイルでフタをすることにより肌に潤いを閉じ込めようとしますが、
アクアゲルマジェルは、肌に浸透したとても細かい水の膜で潤いを閉じ込めよてくれるのです。

公式サイトより画像拝借

 

だから界面活性剤のような肌に負担をかける物質が必要なく、
アトピー肌や肌の弱い肌の方にも、安心して使える保湿ジェルになったというわけですね。
もちろん男性にも女性にもオススメできる商品ですし、実際担当者の話では、売上の男女比は同じくらいらしいです。

 

これから冬になると、乾燥肌のかゆみなど本当にツライですからねー
同じ悩みをお持ちの方にぜひおすすめしたくて本サイトを作成しました!

 

気になる方は、ぜひ公式サイトでチェックしてください!!
アトピー肌の正しい保湿には【アクアゲルマジェル】

 

肌にやさしい8つの無添加

無香料
無着色
ノンオイル
ノンパラベン
ノンアルコール
界面活性剤不使用
旧表示指定成分不使用
紫外線吸収剤不使用

 

アクアゲルマジェル全成分も調べました

アトピーや肌の弱い方は、保湿ジェルなどを使用する際にも成分もとても気になりますよね。わかりますわかります。
私も気になったので、調べました。といっても普通に箱に書いてあるんですけどね(笑)

水、プロパンジオール、DPG、(アクリロイルジメチルタウリ ンアンモニウム/VP)コポリマー、 ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、 レパゲルマニウム、BG、ポリクオタニウム-51 加水分解コラーゲン、ユズ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、ア セチルヒアルロン酸Na、 ダイズ発酵エキス、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、水添レシ チン、ラウリン酸ポリグリセリル−10、 ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、水酸化Na、ブチルカルバ ミン酸ヨウ化プロピニル、 ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、フェノキシエタノール

となっています。ご自身に要注意の成分がある方は注意してください。