赤ちゃんのアトピーについて

乾燥肌,美白ケア

赤ちゃんのアトピーはいつから症状が出る?

子どものアトピーの中でも、赤ちゃんのアトピーは、母親の免疫力が消える、生後4カ月から症状が出始め、小児科、皮膚科の医者の診断も4カ月を過ぎてから出されます。
赤ちゃんのアトピーの症状は、皮膚がジュクジュクの赤い発疹が2カ月以上続きます。しかも再発を繰り返します。
そして、強いかゆみを伴います。

 

大人でもそのかゆみは我慢できないくらいなので、、しかも赤ちゃんの肌は薄くて、デリケートなので、我慢が出来なくて、皮膚をかきむしってしまいます。
掻き傷が出来てしまい、そこから化膿してさらに、治りにくくなることもあります。

 

アトピーはアレルギー反応の一つの表れであるとも言われています。まず、何がアレルギーなのか検査する必要があります。
そのためには小児科にかかった方がいいでしょう。
小児科の看護師は皮膚科の看護師より普段から、血管の細い赤ちゃんの採血に慣れているからです。

 

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいのでかゆみのでるアトピーの原因にもなります。
皮膚科では保湿用の非ステロイド薬の油薬を処方されることが多いです。

 

あかちゃんは汗っかきですから、汗が乾燥肌誘発の原因にもなりますので気をつけましょう。
又、その原因の一つに水道水に含まれる塩素にもアレルゲンがありますので気をつけてみましょう。

 

赤ちゃんのアトピーとアレルギーの関係

赤ちゃんのアトピーとアレルビーの関係にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

赤ちゃんは消化器官がまだ未熟のために、アレルギー反応が出やすくなっています。
赤ちゃんというと、つるつるの肌というイメージがありますが、実際は顔や体に湿疹ができたりするのはよくあることです。
また離乳食をあまりに早く初めてしまうことで、食物の過剰反応が出やすくなってしまったりそこからアトピーを発症してしまうということもあります。

 

ですからある離乳食を始めるのでしたら半年ではなく1年くらいして始めるのもアレルギー反応を予防するためにも必要なことです。

 

ただどんなに気を付けていたとしても体質的にアトピーになる子もいます。体質的に卵や大豆とか小麦に反応がでてしまうという赤ちゃんもいます。
その子の場合はどのようにしていけばいいのでしょうか?

 

あきらかにアトピーであるというときにはある程度、免疫機能ができるまで反応がでてしまう食材を除去していくことが必要です。
そしてその場合は自己判断で除去するのではなくて、アレルギー専門の医師の診察のもとに、進めていくことが必要です。

 

赤ちゃんのときにアトピーであっても免疫機能ができてくると、アトピーが改善してくるケースもあります。

 

アトピーと乳児湿疹と”あせも”の違い

赤ちゃんの肌はとても繊細で、新陳代謝が良いために汗をかくことで肌トラブルを起こしやすいものです。
あせもや乳児湿疹、アトピーなどの湿疹の見分けがつきにくいことが多いです。

 

あせもは汗の出る毛穴が汗で詰まってしまい、汗が皮膚の中に溜まって炎症を起こした状態です。
毛穴の部分だけに炎症を起こしている状態になります。毛穴にプツプツと赤いできものができます。

 

これに対して乳児湿疹は過剰な皮脂分泌や急激な乾燥によって、炎症を起こし、肌全体に湿疹が起こります。
皮膚が盛り上がってジクジクしたり、カサカサになるなどの症状が起きている状態です。

 

見分けが難しいものではありますが、あせもの場合には過剰な汗をかかさないようにしたり、汗をかいたらすぐにふき取るなどをすれば改善します。
乳児湿疹は病院で塗り薬を処方してもらい塗ることで少しずつ改善していきます。

 

また、乳児湿疹と見分けがつきにくいものとしてアトピーもあげられます。
これはほこりやダニ、化学物質などの刺激にアレルギー反応を起こし、肌トラブルを引き起こすものです。
アトピーは症状が悪化したり良くなったりを繰り返す特徴があるものです。
原因を突き止めてそれを排除することが必要になります。

 

赤ちゃんの肌は弱いので、肌トラブルを回避するには環境を整えて清潔にしてあげることが基本的な方法になります。

 

赤ちゃんのアトピーの症状

アトピーの症状は様々ですが、共通している特徴としてバリア機能の低さがあります。
特に赤ちゃんは肌質にかかわらず、大人と比べて皮膚が薄く、バリア機能も発達していません。

 

一見するとみずみずしい肌に見えますが、水分と油分は少なく、保湿力が不十分です。
そのため、アトピー肌の赤ちゃんは、特に保湿を重視したスキンケアが必要です。

 

また、最近の研究では、新生児期に毎日保湿剤を使用することでアトピーの発症を防ぐことができるという報告がされていることからも、赤ちゃんには保湿が必要であることが分かります。

 

アトピー肌の赤ちゃんに使用するスキンケア商品を選ぶ際、気を付けたいのが安全性です。
香料や着色料など、肌に刺激となる成分を含んでいないベビー用の商品を選ぶと安心です。

 

また、肌の保水力を高めると同時にバリア機能を高めるような製品を選ぶことも大切です。
ファムズベビーは、これらの条件を満たしたスキンケア商品として多くのママに支持されています。
ファムズベビーは、早い段階で使用することで皮膚を強くし、肌トラブルを防ぐことができますが、肌荒れを起こしている赤ちゃんにも使用できます。
乾燥肌,美白ケア
容器は酸化を防ぐ缶タイプで、衛生面でも安心で、手軽に使うことができます。
ファムズベビーの公式サイトでは28日間の返金保証がついているので、まずは試してみると良いでしょう。