乾燥肌でも全く顔を洗わないわけではない!

乾燥肌,美白ケア

乾燥肌の人にとっては、洗顔をすると余計に肌が乾燥してしまうのではないかという心配があります。

 

しかし、洗顔というのは顔の汚れを落とす上ではとても大切なものなので、肌トラブルを悪化させないためにも必ず洗う必要があります。

 

人間には体中に汗腺がありますが、特に顔にはその汗腺がたくさん密集しているため、運動をして汗をかいたわけでもないのに顔は汗ばみ、皮脂が出てきます。
そして毛穴にその汚れがつまり、放置されることでどんどん汚れが蓄積されていきます。
毛穴にたまった皮脂は様々な肌トラブルを引き起こすだけではなく、毛穴を広げてしまうのです。

 

肌の汚れというのは皮脂だけが原因ではありません。
女性であればメイク残りも汚れの原因となります。
そのためこれ以上肌にダメージを与えないためにもしっかりとメイク落としはする方がいいでしょう。

 

もし洗顔の際に肌に痛みがあるようならば、洗顔料は使わずお湯だけで軽く洗顔をすると良いでしょう。
もしくは乾燥肌の人でも使用しやすい低刺激の洗顔料を使用するというのも手段の1つです。

 

人間は知らず知らずの内に汗をかいています。
そしてその汚れはどんどん蓄積されていっています。

 

一度開いてしまった毛穴というのはそう簡単には閉じませんし、たまった汚れを一掃するのも簡単ではありません。
乾燥が気になるからと言って洗顔をやらずにいると、余計に肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。
そのためお湯だけでもいいので毎日きちんと顔を洗うようにしましょう。

 

洗顔料を使わずにお湯だけで洗うのもアリ

乾燥肌の人は、洗顔後に肌がチクチクしたりヒリヒリしたりという違和感を感じることも少なくはありません。
だからと言って洗顔をしないというのはどんどん肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。

 

どうしても洗顔料を使って洗顔をするのが苦痛なのであれば、お湯だけで洗顔をすると良いでしょう。
水での洗顔なら、油である皮脂は落ちないので、ぬるま湯くらいの温度で洗顔をするのが最適です。

 

お湯が熱すぎると今度は顔の皮脂をとりすぎてしまい乾燥肌を余計に悪化させてしまうことに繋がるので、熱湯はNGです。

 

お湯でも顔の皮脂は落とすことができますが、それでも汚れをきちんと落とすことはできません。

 

そのため毎日洗顔料を避けるような洗顔をしていると、少しずつですが汚れが蓄積されていってしまいます。

 

肌の様子を見て2〜3日に1回は洗顔料を使わずに洗顔をするなど自分の中でルールを決めて行うようにすると良いでしょう。
どのような洗顔のやり方をしたとしても、洗顔の後は必ずローションやミルク、クリームといったスキンケア化粧品を使用してしっかり肌を保湿してあげることが大切です。

 

極力肌へのダメージを減らすことで、肌トラブルの進行を止め、健康的な肌に改善させることが可能です。
そのためには洗顔のやり方というのはとても重要ですが、それだけではなく自宅でのスキンケアのやり方や食生活の改善なども見直していく必要があります。

 

乾燥肌は一生ものではありません。努力次第で改善も可能なのです。

 

乾燥肌,美白ケア

乾燥肌の洗顔の仕方

まずは使用する洗顔料ですが、なるべく肌への刺激がないものを選ぶようにしましょう。
そうすることで極力肌へダメージを与えることなく汚れを落とすことができます。

 

そして次に大切なのが洗い方です。
顔の汚れを落とそうと一生懸命ごしごしと洗ってしまいがちなのですが、それでは肌を傷つけてしまうことに繋がります。
大切なのはとにかく優しく洗うということです。

 

自分の手で洗うというよりは、しっかり泡立てた泡で洗うというのがポイントです。
そのため自分の手は肌に触れているか触れていないかくらいの優しさで洗うと良いでしょう。

 

乾燥肌というのは極端に肌に皮脂がなくなってしまっていたり、肌細胞が乱れていることから外の刺激が肌の奥深くまで届いてしまうことによって起こります。
つまりとてもデリケートな状態になってしまっているということなのです。

 

そのため乾燥肌をこれ以上悪化させないためにも、優しく丁寧に自分の肌を扱うということが大切になってきます。
このときは栄養素がたっぷり入った化粧品を使ってしまうとヒリヒリしたり赤みが出たりという症状が出てしまうので、保湿もなるべく低刺激のものを使用します。
そして肌の調子が徐々に改善されてきたら、少し栄養素が多めに入っている化粧品に移行して肌の手入れをしていきましょう。
徐々に肌細胞がととのうようになり、乾燥知らずの美しい肌へと改善されていくのです。

 

まずは優しく自分の肌を扱ってあげるようにしましょう。