なぜ花粉症で乾燥肌が進行するのか

乾燥肌,美白ケア

なぜ花粉症で肌荒れをするのか、それは外からと内側からの、ダブルで皮膚への負担が重なるためです。

 

春の花粉が猛烈に飛び交うシーズンには、何が肌に対して刺激になって、大きな負担になっているかを、理解しておく必要があります。

 

春は暖かい日差しも降り注ぐ和やかなシーズンですが、まだ完全に暖かいわけではなく、1日を通しても寒暖の差が激しいです。
すると温度に対して適応とする自律神経は、だんだん乱れやすくなり、代謝も乱れるので血液の循環もスムーズではなくなります。

 

さらに春からは、冬とは打って変わって、紫外線量が強くなりますので、皮膚への刺激も強くなります。
そこに加えて春は、花粉が多くあるので、アレルギー物質とも付き合わねばならないのです。

 

外からのダメージだけでも大変ですが、内側からも肌にはマイナスの影響を起こします。

 

花粉のつらさはストレスになるので、体内のホルモンのバランスを大きく乱します。
交感神経と副交感神経は、バランスが取れてこそ成り立ちますが、季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなるので、血流鈍化が起こりやすいのです。

 

さらに食事の内容や質の低下もかかわることで、花粉の飛び交う季節は、いつもは元気な肌でも、乾燥肌に変わりやすくなります。
花粉の季節は激しく皮膚を乾燥させますし、花粉対策でマスクは必須アイテムとなります。

 

目がかゆくて擦りますし、鼻水の対応で常にティッシュも使います。
こうした皮膚への摩擦も、花粉時期の乾燥肌を招き、肌荒れを起こしやすくなります。

 

乾燥肌,美白ケア

花粉症と肌トラブルの因果関係

花粉症と肌トラブルの因果関係は根深いものがあり、花粉の飛ぶシーズンにはあらかじめ心の準備も必要です。

 

花粉が激しく飛ぶ時期には、皮膚に花粉が付着をしやすく、アレルギー反応を起こしている状態です。
皮膚のたくさんの花粉が付きますので、皮膚は乾きやすくなりますし、敏感な状態にもなります。

 

皮膚のバリア機能はどんどん下がり、セラミドなどの細胞間脂質も激減します。
バリア機能の働かない皮膚は大変弱く、細菌や花粉は弱い皮膚から侵入をしやすくなるので、皮膚のカサカサな状態を招きますし、さらには皮膚の炎症状態まで招きます。

 

花粉は皮膚を弱くしますし、その反応は皮膚にかゆみを生じさせたり、赤みや乾燥に湿疹など、あらゆる皮膚のトラブルを招いてしまいます。
花粉シーズンは誰もが花粉への対策をするため、マスクは多くの人が必須アイテムです。

 

常にマスクをすると湿気がマスク内にはたまり、そこでは細菌が大繁殖をするので、これも皮膚にトラブルを起こします。
鼻水も激しく出るので、ティッシュで鼻を頻繁にかむことから、鼻周りの皮膚も弱くなり、花粉と細菌からの皮膚組織へのダメージが深刻化をするばかりです。

 

今は花粉の影響を受けてはいない人であっても、花粉というアレルゲンを長く浴びていると、突然予告なしに発症をすることがあります。
アレルギー性の皮膚に生じる炎症のみではなく、敏感な皮膚に花粉が付着をすることで、刺激が皮膚炎となり、あらゆる肌荒れを起こすこともあります。

 

花粉症の時期にすべきスキンケア

花粉症の時期にすべきスキンケアは、肌への優しさを重視すること、肌への丁寧な保湿を心がけることです。

 

この時期には肌の免疫機能を高めるためにも、ライフスタイルも規則正しいものとします。
寝不足や不規則なライフスタイルは、肌を弱くさせるので、健康的で規則正しい生活が基本です。

 

花粉シーズンのお肌のお手入れとして、何よりも失った皮膚のバリア機能を取り戻すこと、健康な肌を目指すお手入れをします。

 

帰宅をしたら衣類の花粉をたたき落としますが、皮膚に付着をしている花粉も落とします。
まずは手洗いやうがいを済ませてから、肌に刺激の少ないクレンジングを使い、メイクを落としていきます。

 

皮膚に対して洗浄が強すぎると、弱い皮膚には刺激になります。
肌に優しいのは、クリームやミルクタイプのクレンジング剤です。

 

洗顔を済ませたら、すぐにでも基礎化粧品でのお手入れですが、無添加の刺激がない化粧品を使うようにします。
配合成分を確認して、肌を乾燥させる、エタノールなどが入っていないかもチェックしましょう。

 

基礎化粧品は乾いた角質層の、保湿状態を高めてうるおいが増すようなコスメを使います。

 

敏感肌用のスキンケアコスメは、花粉時期の乾燥肌にも向いていますので、セラミド入りなどを選ぶと良いでしょう。
化粧水も美容液や乳液も、何よりも保湿効果が高い商品を選びます。

 

花粉で皮膚はかなり弱まっているので、清潔な手のひらで馴染ませるように、基礎化粧品をハンドプレスで浸透させていくのが基本です。