ステロイドは適切に使用することが大切!皮膚科医に従おう

乾燥肌,ステロイド

アトピー性皮膚炎について皮膚科医にかかると、治療のためのステロイドを処方されることがあります。

 

ステロイドについては、「肌が黒ずむ」「依存症になる」などといいう噂が、未だに都市伝説のように蔓延しています。

 

皮膚科医にインタビューすると、ステロイドを必要以上に怖がっている患者さんが少なくないことがわかりますが、「ステロイド=悪」と決めつけるのは早合点です。

 

ステロイドとは?

ステロイド(ステロイド系抗炎症薬)とは、副腎皮質ステロイドを主成分とし、抗炎症作用や免疫抑制作用を期待して使われる医薬品です。

 

ステロイドには「ノーマル」から「ベリーストロング」まで、たくさんの種類があり、強い薬である「ベリーストロング」もつく買うべき症状が時期があります。
皮膚科医は、今ある炎症に最適な強さのステロイドを出して、炎症が収まってきたら、その症状にあった軽めのステロイドに変えて、さらに良くなったらステロイドを辞めて保湿剤を出す…
という具合に、長期的な計画に合わせて段階的にステロイドを処方しています。

 

また、顔や身体など部位によってステロイドの種類を変えることもあります。

 

ステロイド治療によくあるトラブル

よくあるのは、せっかく皮膚科医が症状に合わせて計画的な治療のためにステロイドを処方したのに、症状が少し良くなったからといって患者が自己判断で使用を辞めてしまうケース。

 

そのため、治りかけていた炎症がくすぶり、ステロイドを使ったり使わなかったりを繰り返してしまい、炎症がうまく治療できずに、結果的に色素沈着が生じて黒ずみが残るという事例が少なからず報告されています。

 

そんな状況に陥るくらいなら、中途半端に使用しないほうが懸命でしょう。

 

皮膚科医がステロイドを使用するのは、その時期、その部位に必要だからです。

 

とはいえ、どうしてもステロイドを使いたくないのなら、担当医に相談すれば別の手段を講じてくれるはずです。

 

どちらにしても、ステロイドは正しく使用すればそこまで忌避するようなものではなく、使用するのであれば医師の指示にちゃんと従うべきでしょう。

 

ステロイドを使いたくないのなら、最初から使わない。
皮膚科医に相談しながらも、自宅で毎日保湿ケアを行って改善を目指していきましょう。

 

>私のアトピーが治った保湿剤はコチラ