MENU

肌にヒアルロン酸を塗っても効果は薄い?乾燥肌を改善するためには

乾燥肌,ヒアルロン酸

 

1934年にアメリカで牛の眼球の硝子体から発見されたヒアルロン酸は、1グラムで6リットルもの水分を抱え込めるという優れた保水力を持つムコ多糖類の一種です。
眼球以外にも皮膚の真皮や表皮、関節軟骨など身体中の様々な部分に存在しており、各部位で潤いをキープするという役割を担っています。

 

ただし、ヒアルロン酸の体内での生産量には限度があるので、年齢を重ねるにつれて不足しがちとなってしまいます。

 

特に、40歳以降はその傾向が顕著となり、60歳代に入ると体内のヒアルロン酸の分量は20歳の時の半数未満にまで減少してしまいます。
これにより、乾燥肌や関節痛などの様々な不調が発症するようになります。

 

この様に、ヒアルロン酸不足が原因で発症するトラブルに対しては、新たに体外から補給するという方法が最も効果的です。

 

再び、体内の水分がキープされるようになるので、肌の潤いや関節部分の健康が元通りになるという効果を期待できます。
また、ヒアルロン酸は体内に元々存在していた成分ということから化学的に合成した物質とは異なり、副作用に見舞われるという心配はありません。

 

つまり、効果と安全性の両方を兼ね備えているということになります。

 

ヒアルロン酸はサプリで摂るのが効果的

加齢によるトラブルを改善するアンチエイジング効果を期待できるということで、ヒアルロン酸はサプリメントや美容ドリンク、化粧品など様々なアイテムに配合されています。

 

また、美容クリニックなどの医療機関では、ヒアルロン酸を注射により注入するという施術も提供しています。

 

この内で、ヒアルロン酸を効率的に摂取できる順番としては、1.注射、2.美容ドリンク、サプリメント、4.化粧品となります。

 

なお、ヒアルロン酸は食品から摂取することも可能で、豚足やフカひれ、ウナギなどに多く含まれています。
さらに、オクラや納豆、とろろなどのネバネバの中にも含有しているので、これらを摂取することにより、ヒアルロン酸を補給することが出来ます。

 

ただし、食品から摂取しても消化器官の中でアミノ酸に分解されてしまうので、ヒアルロン酸だけを摂取するということは出来ません。

 

このために、タンパク質を中心としたバランスの取れた食事を摂取し、体内でのヒアルロン酸の生産を活性化するというアプローチの方が効果的です。

 

具体的には、鶏のささ身などのローカロリーで高タンパクのものと、タンパク質の働きをサポートするビタミンCを含んだレモンなどの柑橘系のフルーツを組み合わせるのが有効です。

 

最も高純度なヒアルロン酸を摂取できるサプリとして、キユーピーのヒアロモイスチャー240が、ヒアルロン酸サプリとしては一番オススメですね。

 

乾燥肌,ヒアルロン酸
私も飲んでいますが、1ヶ月も飲めば明らかに肌質が変わるのがわかります。
今ならお試しは安いですから、一度試してみることをオススメします♪